下半身痩せ | 下半身ダイエット | 下半身太りなら簡単に痩せる方法

脚やせ、足痩せ、下腹 ダイエット、お尻 ダイエット等の下半身ダイエットの効果のあるダイエット方法及びダイエットサプリの情報をお届け!

下半身痩せるための食事原則を従う 下半身ダイエットを簡単にしよう(二)

time 2014/07/09

下半身痩せるための食事原則を従う 下半身ダイエットを簡単にしよう(二)

原則三:下半身痩せるための食事に多くビタミンB摂取

下半身太りなら、痩せることは易くない、脂肪と糖分の代謝はもっと重要になる、その秘密はビタミンB群です。ビタミンB1は体内余計な糖分をエネルギーになさせる。ビタミンB2は脂肪の新陳代謝を促進することができる、ビタミンBは一旦に摂取不足になると、下半身むくみになって、疲れ易くて足腰が痛いことなどを起こっている。だから下半身痩せるための食事にバランスでB1、B2などを摂取することをご注意ください。
ビタミンB1が豊富あるの食物:豚肉、豚レバー、黒もち米、落花生、脱脂粉乳、全粒粉パンなど
デンプンと甘い物が好きな人は食べて痩せるダイエットならビタミンB1に最も必要です、ビタミンB1は糖分をエネルギーになせる。
ビタミンB2が豊富あるの食物:豚肉、肝臓(狩り、牛、鶏肉なども豊富で)、うなぎ、キノコ、カラス貝、茄子の漬物、キクラゲ、シュンギク、アサクサノリ
ビタミンB2は脂肪の新陳代謝を促進することができる、下半身の太っていることを柔らかになれる、いつも外食とファーストで食事をする人たちには本当によい下半身ダイエット方法です。

lower-body-diet-food-2

原則四:下半身むくみを除くために下半身痩せるための食事にセルロースを加え

たくさん人が下半身むくみになっているのは、便秘で腸中の宿便は下腹部の血管を圧迫させて、リンパ腺の流れを妨げる。便秘は一旦に重なってなると、鼠径部は圧迫された。鼠径部は体内に運送するのリンパ腺うずまく流れというリンパ腺である、圧迫があったら、リンパ腺の流れも渋滞になった、下半身の浮腫を起こす。便秘は有害物質を排泄しないで、体は第二回の吸うことを招いた、体内の毒素も生やしました、代謝のパランスを失った、これも靑春の天然痘、皮膚の乾燥を起こった原因だ。
それで、下半身痩せるための食事にセルロースを十分に摂取するべきだ。食物のセルロースを摂取するのはエネルギーの転換するスピードはおそくなさせて、脂肪になさなった。それに、食物のセルロースは水分を吸ったら脹れてなさせて、ウンコの量も増えていく、便通が快調させる。海藻類と果物の食物セルロースは脂肪酸を分解スルの機能がある、もっと野菜、海藻類、豆類、サツマイモなどを食べるほうがいいし、セルロースが充分的摂取するのができる。
食べて痩せるダイエットしたいならゴマ、ゴボウ草、多種野菜を摂取するのができると、自然に食物のセルロースを摂取できて、便秘の問題はなくなれる。

 

原則五:食べて痩せるダイエットならカルシウムを充分に摂取すればカルシウム不足の問題を緩和しよう

近年、さまざまな下半身ダイエット方法を試みると骨粗鬆になるおそれがある。
人体内には約1キロのカルシウムがある、ほとんどのは骨や歯の必要に供給して、殘りは筋肉や神経や血液の中で重要な役に立っている。この少数のカルシウムのバランスを失ったら、筋肉の痙攣、血液をもたらしにくい凝結などの現象が現れる。
まっすぐ、均整の両足を持ちたいなら、必ず充分なカルシウムを摂取します。蛋白質とビタミンDはカルシウムの摂取量をアップさせる、だから、下半身痩せるための食事には蛋白質が多い魚とビタミンD豊富なの干し竹の子をもっと食べて。平日には食用な小魚と牛乳を食べる習慣を身に付けて(脂肪の摂取を減らしたい人、脱脂するミルク或いは脂肪が低いミルクを飲むほうがいい)
下半身痩せるための食事にカルシウムが豊富あるの食物:牛乳、脱脂するミルク、ヨーグルト、凍み豆腐、小エビ、菜の花、干しの魚、ワカメ。
運動時には骨や筋肉を傷つかないために、もっとカルシウムを摂取してください。

down

コメントする





下半身ダイエット サプリ



広告